新着記事
カテゴリ

2006年01月14日

あとは釣るだけ!!

長々と理屈ばかり書いてきましたが、

ここに書いた通りにやっても

なかなか釣れないのが釣りの面白さだと言えるでしょう。

かく言うわたくしも、実戦の中でなにをやってもダメなことが多々あります。

そんなとき、発想を変えて、

自分の引き出しをひとつでも多く持っておくことこそ、

大事なことなのだと思っています。

おつきあいありがとうございました。

2006年01月13日

12 釣り方 その(6)道糸はダラーんと

 ウキから竿先までの道糸についてです。

マキエをまき、ウキを入れ、さらにマキエを追っかけまきして、

道糸はダラーんと水面においておくという釣り方です。

最近はラインメンディングとか、ポイントでの誘いとか

ということをよく見聞するのですが、

店長が言うのは

「ウキによけいな力をかけたらいけん。

遊動を40cmとったのも、

道糸を引っ張ってもウキが動かんようにするため。

誘いはウキと波に任せる。

その代わり、ウキをどういう角度で投入するかは、大事。

流れに対して潮下がつけエサになるように慎重に投入すること。」


だそうです。

2006年01月12日

11 釣り方 その(5)チヌは潮下から来る

 これはずいぶんわかりやすいと思います。

流れのあるところにマキエをすれば、

チヌは潮下からやってきます。

最初は用心深く、次第に警戒心を解いて食いあがってくる

というイメージです。

私のよく行くポイントでは冬の低水温期を除くと、

たいてい、エサ取りのフグやサヨリが一番にやってきて、

次いでボラがやってきて、

その下からチヌがつけえさに食いついてくるというのが大体のパターンです。

2006年01月11日

10 釣り方 その(4)ウキ下はひとヒロ半


この店長のすすめる仕掛けは

針は細軸の軽いもの。ハリスがひとヒロ。

その上に小さなサルカンをつけ、

サルカンからウキまでは40センチから半ヒロまでと

あわせて一ヒロ半くらいと超浅いのです。

しかもウキは十分な浮力があり、波の上下に

忠実に上下するものを選びます。

重いオモリを背負わせたシブシブの仕掛けでは、

波の動きと同調せず、マキエとつけエサが

食い違った動きをしてしまうからです。

「フカセは浮いたチヌを釣るもの。自分から深く深く探っていかない。

近場も遠くのポイントも基本は同じ。」


だそうです。

2006年01月10日

9 釣り方 その(3)流れが速ければ速いほどチヌは浮く


・・・迎角理論の本編

一般的に流れがゆるければ、仕掛けを軽くし、

ゆっくりつけエサが沈んでいくようにしようとします。

そして流れが速ければ、その流れに負けないようにと

仕掛けにガン玉や水中ウキをセットするなどして

流れに負けずにつけエサをタナまで沈めて行くように努めます。

しかし、この迎角理論においては

「流れが速ければ速いほどチヌは浮く」

と断言します。この話しを聞いたときは私自身

なかなか信じられなかったのですが、

この話をしてくれた店長が言うには、

「流れがゆるければ、チヌは下から上に向かって食う。

流れが速くなればなるだけ、流されんように泳ぎながら、

斜め下から食うたり、もっと速ければ真横に向いたままで、食う。

そのときの角度が問題なんじゃ。」


というのです。

流れの速さに応じて、チヌがつけエサに食いつく角度が変わること。

これを称して「迎角理論」と名づけたわけです。

したがって、激流の流れの中では、チヌは、意外にも浅いタナまで浮いてきて、

ほとんど真横になったままの仕掛けでも食いつくということになります。

逆に、流れがほとんどなく、しかも、

うまくマキエにチヌがよっているとすれば、

マキエした真下から、チヌが食いあがってくるということになります。

これは、実際の釣りのときにも、仕掛けを張ったとき、アタリがくるとか、

ウキを回収しようとして、ベールを倒したときにアタルとかいうこと

は経験があろうかと思います。

それらはその時の、流れの速さに対して、食いつきやすい角度に

仕掛けがなっていたということなのです。

2006年01月09日

8 釣り方 その(2)潮の流れとマキエの効き方



3mの干満の差  

 瀬戸内海の特長として、その干満の差が大きいことが上げられます。

大潮などになると干底から満潮時の水面まで、

6時間あまりで3メートルも海面が上昇します。

瀬戸内海を見て育った私にとってはごくごく当たり前のことなのですが、

世の中的にはかなり特徴的なことのようです。

 しかし、実際のところ、干満の差が3メートルといっても、

動いているのは干潮時の水面から上の部分だけで、

海底から上のすべての潮が、

釣り場から見える海水面の潮の流れと同じ速さで

動いているのではありません。

当然底のほうは地形や海底の状況にもよりますが、

表面よりも遅い速度で流れていることになります。

したがって、釣り人のまいたマキエは、

表面にあるときは速く潮下に流れ、

沈下するにつれてスピードを緩め、下へ下へと沈んでいくのです。

その日最初にまいたマキエが到達するであろう地点が、

まずは当面のポイントとなります。

2005年10月22日

7 釣り方 その(1)ポイント選び

 チヌの釣れるポイントは無数にあるといっても過言ではありません。

 ただし、水温が低い冬や早春の間は

どこにいるのかと思わされるほど姿を見なくなってしまいます。

 とはいえ、必要な条件としては、

潮の流れがあることがまず第一です。

そして、海底に何らかの変化のある場所を探します。

堤防沿いの変化の少ない場所であっても、

敷石の乱れとか、海藻の有無などを見つけて、

ポイントとして設定し、そこに向けてマキエが効くように

潮の流れや速度を計算しながら

ポイントを作っていきます。

2005年10月16日

6 マキエについて その2「マキエはまけばいいというもんじゃない」


 フカセ釣りはマキエのまき方ひとつで釣果が天と地ほど違います。

かく言う私もいまだにその奥義にはたどりつけず日々、

悪戦苦闘の毎日といったところなのです。

 だからまき方と言っても自信があるわけではないので、

お許しください。

けれども断言すれば(なんという強気!!)

@「マキエはぱらぱらとまく」

A「マキエはピンポイントにまく」

B「マキエはまけばいいというもんじゃない」


これだけです。

ただ、考えておかないといけないことは山ほどあります。

釣り場の潮の流れは、右からか左からか、

沖へ出るのか岸と平行か向かい潮か、

速いか遅いか、

わいてくるか沈み込むのか、

サシエサより先にまくか後にまくか

サシエサと同調させるのか、追いかけさせるのか、

先行させるのか。

チヌ釣りを始めて少ししたころ、なかなか釣れない私たちに

店長が言ったのは

「サシエサとまきえさが同調させようとせんでもええ。

チヌは下からまきえを見ながら、食べやすいえさを待ちょうるんよ。

じゃけまきえさの後から通るサシエサを食うんよ。」
ということでした。

答えはいまだに出ていません。



理論どおりに釣れないからこそいろいろなことを試し、

時にうまくいくと感激し、

さっぱりダメなら

さかなを尊敬してしまうという

釣りの奥深さがうかがえる問題です。


2005年10月14日

5 マキエについて その1

集魚剤は濁りと重さのバランス

 瀬戸内海は波も静かで、一見穏やかに見えます。

しかし、その干満の差は、大潮などになると3m

にも及び、

ほぼ6時間で干潮から満潮に移行するので、

その間は島と島の間の狭い海峡などでは、

激流が走ることになります。

 そのため、マキエをするとあっという間に見えなくなり、

はるかかなたまで運ばれていってしまったかのように見えますが、

これが実はそうではありません。

激流が走るといっても、所詮、

大潮の満潮時の水面から三mまでの間

の潮が走り抜けるだけで、

意外にも底付近は流れが緩やかなものです。

したがって、釣りをしているとウキだけが先行して、

サシエサが底の方を後から追いかけていくという

最悪のパターンになりやすいのです。

これはよく言われることですが、

サシエサ先行で流す。

誘いをかける。

というのは、このように、表面が底よりも流速が早いという

ウキが先行しやすい潮の流れに任せるのではなく、

ラインと竿の操作で、

魚の食いやすい角度を保とうということにほかなりません。

で、肝心のマキエについてですが、

この激流の中でも有効なマキエのブレンドとして、

お勧めするのは

@オキアミ3キロあたり

Aにごりダンゴ3分の1袋(これは必ず)

B磯チヌ1袋(これは絶版になってしまったので、

比重が軽くて遠くまで届く集魚剤であればよいです)

Cチヌパワー2分の1袋(定番ですね)

という分量です。

なにぶん話しを聞いたのがもうかれこれ十年以上前のことですので、

移り変わりの激しい釣りの世界では、

集魚剤も数ヶ月ごとに新しいものが開発され、

たくさんの釣り人が釣り上げられています(^o^)丿。

かく言う私もその一人で、新しい集魚剤は

何はともあれ試してみたくなるものです。

ただし、

何があってもにごりダンゴだけは、

欠かせません。


「最初にまいた、にごりダンゴつきのマキエが沈んだところがその日のポイントになる」

というのが、「迎角」理論のマキエ編なのです。

マキエの中に濁りを主とした成分(たとえば「にごりダンゴ」)と

比重の軽いもの(磯チヌ)重いもの(チヌパワー・にごりダンゴ)

をバランスよく配分することが釣果アップの秘訣になるのです。



作るときには、溶かしたオキアミに

まず最初ににごりダンゴを混ぜてよくかき回します。

それから、順次好みの集魚剤を入れて均等になるようにかき混ぜ、

マキエの半分に対して適量の海水を加えて、とりあえず半分だけのマキエを

ひしゃくですくって楽に投入できるくらいまで完成させておきます。

これは、解凍が完全でなかったり、夏場など湿度が高かったりすると

後で水分が出て、べちゃべちゃになるのを見越しているからと

雨などに当たった場合にも、対応が簡単だからです。

ただし、その日の潮の干満を計算しておかないと、

後で水を汲もうとしたときに、

バケツのロープが足りなくなってあせる・・・

ということも起こりえますので、その辺は怠りなく。

2005年10月11日

4 魚に見えない道糸

 道糸に求められる性能はいろいろあります。

(1)視認性がよいこと

(2)巻き癖がつきにくく操作性がよいこと

(3)潮の流れに乗りやすく、風の影響を受けにくいこと

(4)魚が取り込める強度があること

(5)釣り方、天候による比重の違いの選択

(6)魚に見えないこと

などなどですが、他にも釣り人によって重視する観点は多々あることと思います。

 釣り場によって、あるいはその日の天候や風の向き・強さ等によって、

最適な道糸の種類や太さは変わってくるものですが、

こと、この「迎角」理論においては、

道糸は「これでないとダメ」と言い切ります。

それは「テクロンチヌ」これです。


色は透明のこげ茶といったところでしょうか。

最近流行の視認性を重視した、

「蛍光色」あるいは「白」といった道糸と比べると

なんとも地味で目立たない存在です。

メーカーは日々新商品を出さねば生き残れないので、

さまざまな特性をアピールしつつ、

魚を釣りたいという釣り人の願いに応え、

多種多様な道糸を送り出しています。

が、魚にとっては、

エサ以外のものがついていないほうがいい

に決まっています。


 この理論が最重要視するのは、

「魚に見えないこと」

これだけです。


ついでに釣っている本人にも見えにくかったりもしますが・・・。


最近はこの道糸を見かけなくなってしまいました。

どこかで見かけた方が居られましたら、情報をくださいね。

2005年10月08日

3 大きくて浮力のあるウキを

私がチヌのフカセ釣りを教えてもらったのは、

今から15年くらい前でした。

そのころ使っていたウキは、

環つきの玉ウキ(3Bくらいが標準)でした。

針は王冠針、ハリスは一ヒロ、その上に極小のサルカンをつけ、

サルカンの上40cmあたりにウキ止め、

ウキはスナップスイベルでセットする

という仕掛けでした。

ウキの交換は簡単に済むので、いいのですが、

よく絡むのが欠点で、初心者で磯竿の扱いに不慣れなものとしては

難儀したのを覚えています。
 

その後、釣具店では、そういった手作り系の環つき玉ウキは見られなくなり、

浮力を殺した中通しウキが主流になってきました。

私も今では中通しウキがほとんどで、

環つきウキは持ってはいますがほとんど出番がありません。

なぜなら、中通しウキは、ほとんどといっていいほど、

糸がらみ等のトラブルに悩まされることがなく、それだけ釣りに集中できるからです。
 
最近のチヌ釣りでは、浮力0号00号といった、

浮いたり沈んだりするような浮力のものが多く、

実際それでもアタリが出たり出なかったりするので、

さらに、浮きを沈めながら探ったり、

浮き止めをつけずに全層釣法にしてみたりと

いろいろな新釣法があみ出されています。
 
私もあたらし物好きなので、釣れると聞けば何でもやってみる方です。
 
残念ながら、いまだにこれで完璧という釣り方にはたどりついていませんし、

たどりついたら面白くなくなるのかなという気もしています。
 
 
ともかく当時のウキは、のんきなもので、

3Bの玉ウキに3Bのガンダマをつけても、

ぽっかりと浮かんで波にぷかぷか浮かんでるといった風情でした。


しかし、このウキの状態こそがこの「迎角理論」の一角を担うことになるのです。


チヌの習性でも述べたように、

「つけエサは、流れや波に揺られながらマキエといっしょに沈んでいく」という状態を演出するには、

波の上下動にあわせて上下するウキが必要なのです。

波の頂点では沈み、下死点で浮かぶという浮力では、

マキエとはちぐはぐな動きになってしまうからです。

しかも、対象とするフィールドは、

瀬戸内といえども川の流れを思わせる激流の本流を攻めることを

想定していますので、激流を泳いでいるチヌにとっては、

ウキの浮力による違和感よりも、

マキエとつけエサの動きの違いによる違和感のほうが大きい
のです。

 
したがって、ウキは浮力と視認性を重視し、

大きくて、浮力のあるものを選びます。

例えばですが、「釣研」で言えば、

「急流ウキ」のようなものが最適といえるでしょう。

ほかにも浮力があって、遠くまで流されていっても良く見えるのであれば、

メーカーや値段にこだわらず、最適と思うものを選べばよいと思います。

こちらにいろいろそろえました。



2 チヌの習性

ここで、チヌの習性にふれておきましょう。

といってもすべてではありません。

ウキでフカセで狙う場合に必要な習性についてです。


(1)チヌはその日最初に食べたコマセと同じものを食べ続ける。

コマセの中にムギが多ければムギを中心に食べていることになります。

実際釣れたチヌのおなかから大量のムギが出てくることはよくあります。

聞いた話しでは、磯に渡って早々に、バッカンを流され、マキエがなくなったとき、

持ってきた弁当のご飯粒をまきながら、

針にご飯粒をつけて

チヌが釣れた

ということがあるそうです。

(2)チヌは上から落ちてくるものに興味を持つ。

チヌは常に頭上からゆらゆらと落ちてくるものに興味を示します。

海の中は常に流れがあり、波があり、

それに連動して、マキエも動き、沈んでいきます。

つけエサもそれと同じ動きをするように演出しなくてはなりません。

(3)チヌはにごりに弱い

チヌはにごりの中にエサがあるという学習をしています。

したがって、マキエの中ににごり成分をどれだけ配分するかがかなり重要です。

(4)チヌは潮の流れで食いつく角度が変わる。
ここが、激流における「迎角」理論の本論です。


チヌは流れが速いとマキエに浮いて真横に食いつく。

流れがゆるいと下から見ていて斜め上に向かって食いつく。

流れがなくなると、真下から真上に向いて上がってきて食いつく。


続きを読む

2005年09月17日

1 針は「王冠」印

コマセを食べているチヌにとっては、

えさには、針もハリスも付いていないのが最も自然で食いやすい

ということは容易に想像できます。

したがって、

針もハリスも付けずに釣ることができれば最高

なのですが、

残念ながらそれでは一生釣れません。

 それで仕方なく、針をつけ、ハリスを結ぶわけです。

 しかし、このときの針はできるだけえさの動きを損なわないもの、

つまり、細くて軽いものが理想です。

 私の近所の釣具店では最近見かけなくなったのですが、

「王冠」印の針

がこれに近いものでした。メバル針のごとく細くてか弱い針ですが、

「これでないとだめ」なのだそうです。

実際この針だと、根がかりしても、

針が伸びてウキが流されずにすんだという事もありました。

「そんなやわな針では、大物がきたら伸ばされてしまうのでは?」

と思われるかもしれません。確かにそうです。

 お盆の帰省中に波止でコマセをまいていて、

アタリらしきものがまったくなく、

しばらくすると海がピンク色になったのかと思うほど、

大きなマダイが回遊してコマセによってきたことがありました。

何回かマキエに浮いては沈み、また浮いては沈みを繰り返し、

ついに針にかかったと思った瞬間に針はずれ。

その後も何回かかけたものの、1.5号のハリスしか持ち合わせがなく、

とうとう釣り上げることができなかったことがありました。

針の弱さ、ハリスの細さにバリエーションがなく、

大物を逃がす結果となったのです。

 それ以来は、必ず、ポーチの中にマダイ針と3号ハリスを

入れておくようにしていますが、残念ながら、いまだに出番がありません。

釣行のお守りのようになっています。

 通常の釣り場では、マダイ針のように重くて頑丈な針でなくとも、

十分に大きなチヌをあげることができます。


イントロ

これからお話しするチヌ釣りの方法は、

私がお世話になった渡船屋の店長から聞いた話をまとめたものです。

 私のホームグランドは、瀬戸内海。それも芸予諸島ですので、

そこら辺を念頭に置いた釣り方になっているはずです。

 瀬戸内海は干満の差が激しく、大潮のときなどは、

干潮と満潮の差が3mほどになることも珍しくありません。

したがって、一見波が静かで穏やかそうに見えても、

島と島の間などのポイントでは、

川のような激流

が流れるところも結構あるのです。

 チヌのフカセ釣りを始めて、何年か経ったころ、

磯渡しを頼んだ私たちの釣果が伸び悩んでいるのを見かねた店長が、

「一度、基本的なことを教えてあげよう。人の話しも聞いてみるもんよ」

と申し出てくれたのがこの釣り方です。

特に名前などなく、店長が自らの経験と実績から、導き出した理論です。

 この店長という人は、地元のポイントに精通していて、

芸予諸島の200以上ある磯の状況をくまなく熟知しており、

陸からでも、ワンシーズンに100枚200枚単位でチヌを釣る人です。

とりわけそのころの私にとって問題だったのは、

本流の流れの速いところでどうやってチヌを釣ったらいいのかということでした。

本流への流れ込みやワイ潮を釣るという方法で

そこそこのチヌをあげることはできますが、

そういうポイントばかりではありません。

 もろに激流が流れ出すと、手も足も出なくなるというのが実情だったのです。

この話をまとめるにあたり、特徴的なしかけの角度のところから、

激流における「迎角」理論と名づけました。

 今までの釣りに自信がもてなかったり、

いつの間にか自己流の釣り方に固執していたり、

釣具店にあるさまざまな商品に惑わされたり、

それはそれで試行錯誤する楽しみもあるのですが、

こんな考え方もあるのかということでご一読願えればと思います。

2005年08月25日

チヌを釣るには

チヌを釣るにはどうすればいいのか。

簡単なようで難しい問題です。

そこでこれから、しばらく、理論的な話を展開していこうと思います。

口ばっかりだと思われるかも知れません。

が、あながちハズレでもないことも多いのではないかと思います。

かく言う私も我流で行き詰まった時に奥の手としてこの理論に

回帰することも多いのです。

何卒おつきあいください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。