新着記事
カテゴリ

2007年08月17日

太平洋でシイラがきた!!

IMG_6122太平洋の夜明け.jpg


ついに念願かなって、本当の遠征に行ってきました。

場所は、高知県。

妻を説得し、子どもを味方につけ、

「船釣り、船釣りー!!」

と叫ぶ子どもにしめしめと思いつつお盆休みを利用して、

高知県遠征です。

前日に土佐ロイヤルホテルに泊まり、

インターネットの釣割で予約した伸漁丸さんに

のせてもらいました。

起床は朝の3時半。コンビニで朝ごはんを買い、

集合は5時に赤岡魚港です。

太平洋とは思えないくらいの静かな海でした。

船長の松本さんは、話し方もやさしく、

初めての私たちに仕掛けもえさも氷も

全部まとめて用意してくださいました。

港を出て30分あまり走り、

ポイントに着いたようです。が

瀬戸内海とちがって、周りはすべて海なので、

今どの辺にいるのかまったく見当もつきません。

それでも船長の指示通り、カゴオモリに天秤仕掛けの3本針で、

マキエはアミエビとオキアミ、

サシエはオキアミでイサキ・タイを狙います。

IMG_6126電動リールとオキアミ.jpg


「38メータまで下ろして35メータまで上げてエサを出す。」

土佐弁で話す船長に言われるとおりにしていると、

竿先をたたくようなアタリが出ます。

あわてて、電動リールのスイッチを

目いっぱいにして巻き上げていると、

「いかんいかん!魚と綱引きになるがね!もちっとゆうに巻かんね。」

と巻き上げはじっくりでいいと言われました。

あがってきたのは、イサキでした。

何しろ釣ったことのない魚だし、初めての道具なので、

勝手がわかりません。

続けていると、今度は120号のオモリが切れてなくなったかのように

竿先がピンと伸びきっています。

??????

「きちゅうがやろ!!巻いてみんね」

と言われ、あわてて電動で巻き上げていくと、

途中から魚の重みが加わってきました。

おまけに水面に着てからはジャンプ一番。

そう、シイラだったのです。

シイラはルアーで釣るものとばかり思っていたのですが、

エサでも釣れるんですね。

まだまだ子どもサイズですが、

太平洋まで来たかいがあったというものです。

潮の流れが速いということで、ポイントの潮上にアンカーを打って

船を固定したのでは釣りにならず、

一流しごとに船を潮上に移動させながらの釣りとなりました。

ぽつぽつと釣れ続けているので、私としては満足だったのですが、

常連の方たちにとっては物足りないようで、

船長も時間を延長して、1時まで各ポイントを探りながら

釣り続けました。

途中で竿先は折るは、仕掛けは根がかりさせるは、

おまけに帰りに水を汲もうとして、

バカ息子がバケツを流されてしまうわと

散々ご迷惑をかけた釣り客となってしまいました。

しかし、船長さんはいやな顔ひとつせず、

仕掛けを換えてくれたり、もつれをあっという間にほどいてくれたり

ずっと私たちのことを気にかけてくれていました。

機会があったらまたお世話になりたいと思います。


やっぱ海はええぜよ!!



IMG_6138釣果.jpg



釣行データ

日時 2007.8.15
場所 高知県赤岡沖
天候 快晴 無風

釣果 イサキ 25〜30cm  13尾
シイラ 50cm〜60cm 3尾
タイ  30cm      2尾
アジ  20〜35cm   6尾

マキエ オキアミ3`
アミエビ3`
仕掛け 道糸 PE4号くらい
ハリス 4号くらい
針 マダイ針12号くらい




posted by まっつん at 20:49| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

メバルの下にグレ!!

image/turezure05-2006-06-03T21:24:27-1.jpg


久しぶりに遠征に行ってきました。

近場では連戦連敗が続いていたので、

思い切って蒲刈まで足を伸ばしてみました。

近所の釣具店で、おからダンゴとオキアミスライスを一袋買い、

安芸灘大橋の通行券も買って、

いざ出発。

橋代といっても軽なので、往復800円です。

安い。因島大橋の片道分だ。

着いたのは九時ごろで、小潮の今日は満潮が3時ごろ。

まだ引きが残っていました。

安芸灘大橋の下で竿を出してみますが、

メバルっ子ばかりで、満ちに入ると流れもなくなったので、

場所を変えます。

三之瀬保育所の横の堤防に行ってみました。

image/turezure05-2006-06-03T21:25:31-1.jpg


流れは程よく左から右に動いています。

さっそく釣りを再開。

メバルがすぐに顔を見せます。

が、こちらのメバルは流れにもまれているせいか、

水深があるからなのか、青いっ。

これをブルーバックというのでしょうか。

きれいなメバルです。

しばらくすると、メバルだけでなく、

もっと大きな青みを帯びた魚が

下から沸いてきて、マキエをついばみもぐっていくのが見えます。

そう、グレです。

仕掛けは、チヌ針3号、ハリス1.2号を一ヒロにジンタン5号、

その上に目印としてフカセからまん棒をつけ、

ウキはキザクラのGTR00号

という形です。これでずっとメバルが入れ食いでした。

先にマキエをするとメバルにサシエサを食われるので、

ウキを入れて少し沈ませてから、マキエをする作戦にしました。

すると、今までとは違う重い手ごたえ。

大きなメバルかと思いましたが、

浮いてきてからもまた手前に突っ込むというグレ特有の引きです。

この後、足の裏サイズのグレと、

メバルっ子にたくさん遊んでもらいました。

今日の釣果

グレ25センチ〜27センチが5枚

メバル18センチまで13尾、20尾はリリースしました。

夕食はグレの刺身とメバルの煮付けとなりました。




posted by まっつん at 21:24| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 遠征記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

大久野島は工事中

image/turezure05-2006-05-19T22:37:42-1.jpg

5月の連休中に大久野島に行ってきました。

2004年の連休にここで自己最高の51センチを釣り上げているので、それからは毎年の恒例行事になっています。今年も天気は最高だったので、息子と二人で竿とえさを抱え、出かけました。

しかし、

肝心の灯台近くの釣り場は工事中で立ち入り禁止になっています。
仕方なくギリギリ近くに釣り座を構え、まきえをしますが流れも無く、戦闘意欲消失です。
小潮で満ちてくるまで時間はあるからと、午後に期待して、ウサギなどと遊んで時間をつぶしましたが、全く状況は好転せず、見事な丸坊主となってしまいました。残念!
posted by まっつん at 22:37| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

小佐木島遠征記

小佐木のチヌ四枚.jpg


小佐木のチヌ.jpg


11月21日に代休を利用して、久しぶりに渡船で磯に渡りました。

尾道市の吉和漁港でいつもお世話になっている渡船屋さんに連絡を取り、

近場に磯渡しを頼みました。

友人は沖のすずめという磯と宿禰島の南とに渡ることになり、

私は小佐木島の北に渡ることにしました。

潮は干潮が九時、満潮が三時の中潮です。

朝七時に出港し、あっという間に磯につきました。

これは遠征記といえるのかなという話もありますが・・・

とはいえやはり沖磯はいいもんです。

小佐木の北は流れもゆっくりで釣りやすそう。

マキエはオキアミを奮発して六キロに

チヌパワー白チヌ一袋に

イワシパワーグレを一袋と

にごりダンゴを三分の一

で作りました。

さっそくにエサトリのサヨリがわき始め、

そのうちにボラもぐるんぐるん回りだします。

魚っ気は濃厚なので、期待に胸を膨らませて釣るのですが、

一向に本命のアタリがありません。

仕掛けをキザクラのGTR0号で始めていたのですが、

えさばかりとられるので、固定ウキに変えたり、

サヨリ仕掛けで遊んだりして過ごしました。

しかし、昼を過ぎ、残り2時間となるとさすがに

あせります。

腹ごしらえをして、もう一度基本の遊動仕掛けに戻し、

手前から沖へ流れ出した潮に乗せて

リズムよく打ち返しているとやっと、本命のアタリが来ました。

型は小さく、夏チヌかというくらいでしたが、

それでも本命には違いありません。

その後は一時間ほどの間に4枚のチヌが上がり、

ほっと一安心です。

沖磯の釣りは何がくるかわからないという期待感と

雑魚もでかいという特徴がありますね。

当たり外れもありますが。

今回は

沖のすずめに渡った師匠と慕う方が、

意外にも小さめのチヌを一枚。あとはハゲやサヨリを多数。

宿禰島に渡った友人にいたっては、仕掛けを入れたポーチを波にさらわれ、

はじめの2時間しか釣りにならなかったと泣いていました。

人生いろいろですね。
posted by まっつん at 17:07| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

蒲刈島遠征記

お盆に蒲刈島に遠征しました。

8月15日の朝です。

川尻のあけぼの釣り具店でエサを買い、

ついでに安芸灘大橋の往復券も買って

三之瀬の松涛園の裏

対岸から見た松濤園のポイント.jpg

松濤園の裏.jpg

で釣り開始です。

朝7時にポイントに到着しましたが、すでに

北よりの角のポイントには先客がおられ、

岸壁の中ほどから、釣り開始です。

続きを読む
posted by まっつん at 12:43| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。