新着記事
カテゴリ

2005年10月09日

手のひらのチヌ

今日から三連休。

初日ということで、さっそく行って来ました。

天気は曇りで潮は中潮、満潮が昼ごろなのでちょうどいい塩梅です。

むすこも「行く」というので一緒に連れて行きました。

岸壁下の敷石がまだ出ていたので、

むすこにはしばらく待つように言い、

マキエの準備。

今日のレシピは

先日の残り。

オキアミスライスと白チヌとにごりダンゴです。

仕掛けは、海面までが遠く、エサ取りの下を狙うつもりで、

3Bのウキに3Bの水中ウキをセットして始めました。


幸先よく、釣り初めから三投目に

チヌをゲット。

手のひらですが。


手のひらのチヌ.jpg

最近はどこでエサをまいても

エサ取りばかりです。

この日も例外ではなく、潮が満ちてくると

アジやサヨリやサバが、

「パシャッ、パシャッ」と音を立ててマキエに群がってきました。

しばらくはアタリがあってもアジばかり。

ただ、むすこはアジがかかると大喜びで、

その上サバとのダブルになると

「とうさん!あがらん!」

と結構楽しんでいました。

が、2時間くらいすると、

敷石の上でにっくきアカエイが悠然と泳いでいきました。

「こらだめだ」

ほとんどあきらめムードでした。

時折小雨がぱらつくという絶好のチヌ日和ではありましたが

いったんマキエを中止して、一休み。

再開後の一投目にまた手のひらのチヌが来ました。

あせらずのんびりというのも

この時期効果的かも。


これを機会に、のべ竿に玉ウキの

サヨリ仕掛けでサヨリねらいにしました。

むすこもこれを見て、やる気になったので、

むすこ用のインターラインにキザクラGTR

というお手軽仕掛けを私が使い、2人で

アジとサヨリの入れ食いを楽しみました。


しかし、この後のアジのさばきが大変で、

「骨が引っかかる」

という前回の南蛮漬けの不評をもとに

小アジを「三枚に」おろし

フライにしたのですが、

さすがに腰が痛くなってしまいました。


釣れた後のことを考えて釣らねば。

アジとサバとチヌ.jpg
posted by まっつん at 17:45| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。