新着記事
カテゴリ

2005年09月17日

1 針は「王冠」印

コマセを食べているチヌにとっては、

えさには、針もハリスも付いていないのが最も自然で食いやすい

ということは容易に想像できます。

したがって、

針もハリスも付けずに釣ることができれば最高

なのですが、

残念ながらそれでは一生釣れません。

 それで仕方なく、針をつけ、ハリスを結ぶわけです。

 しかし、このときの針はできるだけえさの動きを損なわないもの、

つまり、細くて軽いものが理想です。

 私の近所の釣具店では最近見かけなくなったのですが、

「王冠」印の針

がこれに近いものでした。メバル針のごとく細くてか弱い針ですが、

「これでないとだめ」なのだそうです。

実際この針だと、根がかりしても、

針が伸びてウキが流されずにすんだという事もありました。

「そんなやわな針では、大物がきたら伸ばされてしまうのでは?」

と思われるかもしれません。確かにそうです。

 お盆の帰省中に波止でコマセをまいていて、

アタリらしきものがまったくなく、

しばらくすると海がピンク色になったのかと思うほど、

大きなマダイが回遊してコマセによってきたことがありました。

何回かマキエに浮いては沈み、また浮いては沈みを繰り返し、

ついに針にかかったと思った瞬間に針はずれ。

その後も何回かかけたものの、1.5号のハリスしか持ち合わせがなく、

とうとう釣り上げることができなかったことがありました。

針の弱さ、ハリスの細さにバリエーションがなく、

大物を逃がす結果となったのです。

 それ以来は、必ず、ポーチの中にマダイ針と3号ハリスを

入れておくようにしていますが、残念ながら、いまだに出番がありません。

釣行のお守りのようになっています。

 通常の釣り場では、マダイ針のように重くて頑丈な針でなくとも、

十分に大きなチヌをあげることができます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7029239

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。