新着記事
カテゴリ

2007年08月17日

太平洋でシイラがきた!!

IMG_6122太平洋の夜明け.jpg


ついに念願かなって、本当の遠征に行ってきました。

場所は、高知県。

妻を説得し、子どもを味方につけ、

「船釣り、船釣りー!!」

と叫ぶ子どもにしめしめと思いつつお盆休みを利用して、

高知県遠征です。

前日に土佐ロイヤルホテルに泊まり、

インターネットの釣割で予約した伸漁丸さんに

のせてもらいました。

起床は朝の3時半。コンビニで朝ごはんを買い、

集合は5時に赤岡魚港です。

太平洋とは思えないくらいの静かな海でした。

船長の松本さんは、話し方もやさしく、

初めての私たちに仕掛けもえさも氷も

全部まとめて用意してくださいました。

港を出て30分あまり走り、

ポイントに着いたようです。が

瀬戸内海とちがって、周りはすべて海なので、

今どの辺にいるのかまったく見当もつきません。

それでも船長の指示通り、カゴオモリに天秤仕掛けの3本針で、

マキエはアミエビとオキアミ、

サシエはオキアミでイサキ・タイを狙います。

IMG_6126電動リールとオキアミ.jpg


「38メータまで下ろして35メータまで上げてエサを出す。」

土佐弁で話す船長に言われるとおりにしていると、

竿先をたたくようなアタリが出ます。

あわてて、電動リールのスイッチを

目いっぱいにして巻き上げていると、

「いかんいかん!魚と綱引きになるがね!もちっとゆうに巻かんね。」

と巻き上げはじっくりでいいと言われました。

あがってきたのは、イサキでした。

何しろ釣ったことのない魚だし、初めての道具なので、

勝手がわかりません。

続けていると、今度は120号のオモリが切れてなくなったかのように

竿先がピンと伸びきっています。

??????

「きちゅうがやろ!!巻いてみんね」

と言われ、あわてて電動で巻き上げていくと、

途中から魚の重みが加わってきました。

おまけに水面に着てからはジャンプ一番。

そう、シイラだったのです。

シイラはルアーで釣るものとばかり思っていたのですが、

エサでも釣れるんですね。

まだまだ子どもサイズですが、

太平洋まで来たかいがあったというものです。

潮の流れが速いということで、ポイントの潮上にアンカーを打って

船を固定したのでは釣りにならず、

一流しごとに船を潮上に移動させながらの釣りとなりました。

ぽつぽつと釣れ続けているので、私としては満足だったのですが、

常連の方たちにとっては物足りないようで、

船長も時間を延長して、1時まで各ポイントを探りながら

釣り続けました。

途中で竿先は折るは、仕掛けは根がかりさせるは、

おまけに帰りに水を汲もうとして、

バカ息子がバケツを流されてしまうわと

散々ご迷惑をかけた釣り客となってしまいました。

しかし、船長さんはいやな顔ひとつせず、

仕掛けを換えてくれたり、もつれをあっという間にほどいてくれたり

ずっと私たちのことを気にかけてくれていました。

機会があったらまたお世話になりたいと思います。


やっぱ海はええぜよ!!



IMG_6138釣果.jpg



釣行データ

日時 2007.8.15
場所 高知県赤岡沖
天候 快晴 無風

釣果 イサキ 25〜30cm  13尾
シイラ 50cm〜60cm 3尾
タイ  30cm      2尾
アジ  20〜35cm   6尾

マキエ オキアミ3`
アミエビ3`
仕掛け 道糸 PE4号くらい
ハリス 4号くらい
針 マダイ針12号くらい




posted by まっつん at 20:49| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。