新着記事
カテゴリ

2006年01月13日

12 釣り方 その(6)道糸はダラーんと

 ウキから竿先までの道糸についてです。

マキエをまき、ウキを入れ、さらにマキエを追っかけまきして、

道糸はダラーんと水面においておくという釣り方です。

最近はラインメンディングとか、ポイントでの誘いとか

ということをよく見聞するのですが、

店長が言うのは

「ウキによけいな力をかけたらいけん。

遊動を40cmとったのも、

道糸を引っ張ってもウキが動かんようにするため。

誘いはウキと波に任せる。

その代わり、ウキをどういう角度で投入するかは、大事。

流れに対して潮下がつけエサになるように慎重に投入すること。」


だそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。