新着記事
カテゴリ

2006年01月09日

8 釣り方 その(2)潮の流れとマキエの効き方



3mの干満の差  

 瀬戸内海の特長として、その干満の差が大きいことが上げられます。

大潮などになると干底から満潮時の水面まで、

6時間あまりで3メートルも海面が上昇します。

瀬戸内海を見て育った私にとってはごくごく当たり前のことなのですが、

世の中的にはかなり特徴的なことのようです。

 しかし、実際のところ、干満の差が3メートルといっても、

動いているのは干潮時の水面から上の部分だけで、

海底から上のすべての潮が、

釣り場から見える海水面の潮の流れと同じ速さで

動いているのではありません。

当然底のほうは地形や海底の状況にもよりますが、

表面よりも遅い速度で流れていることになります。

したがって、釣り人のまいたマキエは、

表面にあるときは速く潮下に流れ、

沈下するにつれてスピードを緩め、下へ下へと沈んでいくのです。

その日最初にまいたマキエが到達するであろう地点が、

まずは当面のポイントとなります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。