新着記事
カテゴリ

2005年11月27日

小佐木島遠征記

小佐木のチヌ四枚.jpg


小佐木のチヌ.jpg


11月21日に代休を利用して、久しぶりに渡船で磯に渡りました。

尾道市の吉和漁港でいつもお世話になっている渡船屋さんに連絡を取り、

近場に磯渡しを頼みました。

友人は沖のすずめという磯と宿禰島の南とに渡ることになり、

私は小佐木島の北に渡ることにしました。

潮は干潮が九時、満潮が三時の中潮です。

朝七時に出港し、あっという間に磯につきました。

これは遠征記といえるのかなという話もありますが・・・

とはいえやはり沖磯はいいもんです。

小佐木の北は流れもゆっくりで釣りやすそう。

マキエはオキアミを奮発して六キロに

チヌパワー白チヌ一袋に

イワシパワーグレを一袋と

にごりダンゴを三分の一

で作りました。

さっそくにエサトリのサヨリがわき始め、

そのうちにボラもぐるんぐるん回りだします。

魚っ気は濃厚なので、期待に胸を膨らませて釣るのですが、

一向に本命のアタリがありません。

仕掛けをキザクラのGTR0号で始めていたのですが、

えさばかりとられるので、固定ウキに変えたり、

サヨリ仕掛けで遊んだりして過ごしました。

しかし、昼を過ぎ、残り2時間となるとさすがに

あせります。

腹ごしらえをして、もう一度基本の遊動仕掛けに戻し、

手前から沖へ流れ出した潮に乗せて

リズムよく打ち返しているとやっと、本命のアタリが来ました。

型は小さく、夏チヌかというくらいでしたが、

それでも本命には違いありません。

その後は一時間ほどの間に4枚のチヌが上がり、

ほっと一安心です。

沖磯の釣りは何がくるかわからないという期待感と

雑魚もでかいという特徴がありますね。

当たり外れもありますが。

今回は

沖のすずめに渡った師匠と慕う方が、

意外にも小さめのチヌを一枚。あとはハゲやサヨリを多数。

宿禰島に渡った友人にいたっては、仕掛けを入れたポーチを波にさらわれ、

はじめの2時間しか釣りにならなかったと泣いていました。

人生いろいろですね。
posted by まっつん at 17:07| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

秋チヌ、ゲット!!

チヌ35cmとアジとサヨリ.jpgみはらし温泉.jpg

きれいな秋のチヌ.jpg
今日は中潮。朝の9時が満潮なので、昼までが勝負と見て、

出かけました。

釣り場は、大体いつもの須波海水浴場。

みはらし温泉の前の駐車場からです。

どこもサビキ釣りやフカセ釣りの人でいっぱいです。

角が何とかあいていたので、入れてもらいました。



マキエは、オキアミスライス三キロに

おからダンゴ半分と、チヌパワー白チヌ半分と

にごりダンゴを四分の一袋くらいです。

マキエをしながら仕掛けを作ります。

キザクラのクジラ 0号にハリス1ヒロ半。

針はオキアミカラーのチヌ針4号です。

すると、すぐにむすこにアタリ。

あがってきたのはアジでした。

またまたエサ取りに悩まされるのかと不安がよぎります。

その後もアジの入れ食いは続きました。

後でさばくのが大変なので、途中から、

サヨリねらいに変え、エサを小さくして、サヨリ針をつけ、

ウキ下を浅くして釣ります。

これまた狙い通り。

ぴちぴちのサヨリがあがってきます。

いくらやっても、アジとサヨリばかりなので、

むすこは昼ごろから、休憩モードに入ってしまいました。

しめしめ。

「ここからが本番」と、気合を入れなおし、

マキエも、アジやサヨリ用のようにちびちびとではなく、

大胆に3、4杯打って仕掛けを入れ、その上にまた2、3杯

かぶせるという作戦で続けます。

隣では、朝からダンゴつりの地元のおじさんが頑張っています。

潮も引き五分くらいでしょうか、敷石が見え出したころ、

ダンゴつりのおじさんが、30センチ弱のチヌをあげました。

「ダンゴ釣りのほうが有利なのかな」

と弱気になってしまいました。

とはいえ、「もうマキエも少なくなってきたし、

早く帰って、アジとサヨリをさばかねば」

と思いつつ、

仕掛けを投入し、しばらく待つともぞもそっとしたアタリ。

あれっ?と思ってあわせるとともに

ドラグがジーッと鳴りだしました。

間違いなくチヌ。

それもまずまずのサイズのようです。

完全に敷石が出ているので、6メートルの玉網で

見事に玉入れを完了。

35センチの秋チヌをゲットしました。

今日の釣果

チヌ   35cm  1枚

アジ   38尾

サヨリ  17尾

帰ってから、アジのから揚げ、骨せんべい、

チヌの潮汁、サヨリとチヌの刺身を作りました。

特にアジの中骨で作った骨せんべいが絶品。

作り方は簡単です。前回とほぼ同じですが、

@ 小あじを三枚におろし(適当に数が数ですから)
A 調味料(しょうゆ大さじ4 酒大さじ3 砂糖大さじ2 
     おろしにんにく少々 あればキムチの素少々)につける。
B 片栗粉をまぶして、揚げる。

三枚におろすのが最大のポイントです。

小あじといえども中骨は堅いので、

はらわたを取っただけでは、揚げても骨までは食べられません。

苦労した甲斐のある味です。
posted by まっつん at 21:34| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ipodでドライブ

ipod.jpg

私がいつも乗ってる車(普通のムーブです)には

ipodを乗せています。

もともとは妻が使っていた車なのですが、

五年経っても18000`しか走っていなかったので、

二年前から取り替えて乗ることにしたのです。

しかし、この車には、純正のFM・AMラジオと

カセットデッキしかなく、

前に乗っていた車の十連装CDチェンジャーと比べると

使い勝手が悪くて何とかしようと思いついたのが、

当時(2年前)流行の兆しの見えていた

ipodでした。

【即納OK!★緊急値下げ】Apple iPod(20GB) color display

これとFMトランスミッター(音楽をFM電波に変えて発信する機器)

DLO TransPod Digital2-White一体型車載用FMトランスミッタ国内正規品



と充電器の一体になったアダプターがあったので、

セットで買って、お店から帰る途中すでに充電を始めていました。

今使っているipodは第四世代の20ギガモデルです。

家にあるだけのCDを読み込み、レンタルでもいろいろ借りて、

読み込ませ、それでもまだまだ余裕があります。

釣り場に行くときも、通勤中でも、

音楽を自由自在に操れるのは快感ですね。

シャッフルにしておくと、

「この次にこう来るか」

とか

「こんな曲あったっけ?」

とかの発見もあったりします。

CDチェンジャー代わりにと思って買ったipodでしたが、

それ以上の満足度です。

忙しい毎日、家でゆっくり音楽を聴く暇があったら釣りに行きたいし、

音楽を聴ける空間って車の中くらいしかないのも現実ですよね。

車にipod。

最高のコンビだと思います。















posted by まっつん at 21:44| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。